Skip to content

なぜO脚になってしまうの?O脚の原因とは?

8月 19, 2011

あなたがO脚で悩んでいるとしたら、
悲観しないでください。

なぜならO脚は、ほとんどの日本人が該当するからです。
O脚は日本人共通の病気ともいえるくらいです。

O脚とは、大腿骨と膝下の脛骨が、
共に外の方向に湾曲していて、
膝も外向きになっている状態をさします。

ちょっと分かりにくい表現ですが、
かなり不自然な形ですよね。

日本人のO脚の原因は、日本文化にあります。
そう、単に日本人の体型の問題ではないのです。

子供が生まれると、親はすぐに立たせようとします。
ハイハイから卒業するためのグッズが販売されているくらいです。

まだ赤ちゃんで、骨が軟らかい段階で歩かせようとするのです。
結果的に、成長段階の骨に負担をかけてしまい、O脚になるのです。

それは葛西のお母さんも例外ではありません。

なので、葛西カイロプラクティックのママさんには
赤ちゃんが立って歩くのを急ぐ必要はなく、
その子供のペースに任せましょうとお伝えしています。

大人になってからO脚矯正も可能ですが、
そもそもO脚にならない方が良いですもんね。

広告

From → 雑記

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。